手汗の気になること

手汗・足汗がひどい悩みに専門の病院は何科?保険治療値段や副作用

手汗・足汗病院で保険治療
私の手汗は相当ひどいと思うから市販のものより手間がかかっても病院で治せないのかな?手術は怖いけど…

そんな悩みへの内容となっています。

この記事はこんな方へ
  1. 手汗が酷くて悩んでいる
  2. 手汗を一刻も早く治したい
  3. 市販の製品より医療の力を借りたい
  4. 手汗治療に保険が使えるのか知りたい
  5. 通院の手間はかかってもいい

手汗の悩みって、なかなか人に話しにくいですよね。自分だけがこんなに特別汗が多い気がする。

”汗科”とはっきりした場所はありませんが手汗をはじめ汗の治療をする病院はあり保険が使える場合があります!

ハルカ
ハルカ
私自身が経験した治療など経験も踏まえてお話ししますね。

手汗の治療が出来る病院はある!

「私汗がひどいから病院に通って治療してるの」なんて会話はめったに聞くことが無いと思うので「病院できちんと治療したい」と思っていてもどこに行けばいいか分からず

とりあえず内科にいったら自律神経の話をされてそっちの治療の流れになったけどそうじゃ無いのにー!

なんてこと多いんですよね。

まず手汗治療を外科的アプローチまで考えているなら美容皮膚科・美容外科の部門をのぞいてみましょう。そして安心なことに保険治療が出来る場合が多いんです。

薬物療法や心理療法なら一旦かかりつけの内科で相談したり内容によっては精神科・内科・婦人科・皮膚科などへ相談しましょう。

手汗治療の主な流れ
  1. 手汗・足汗多汗症の診断
  2. 塩化アルミニウム外用療法
  3. イオントフォレーシス療法+塩化アルミニウム外用療法
  4. 手術など

 

それぞれの治療方法の内容と大体の費用、保険が使えるかどうかについてまとめましたので参考にしてみてください。

手汗足汗は塩化アルミニウム外用で治るの?値段や保険は

手汗や足汗の多汗症と診断されたらまず大体始められるのは塩化アルミニウム外用療法かと思います。

塗り薬で寝る前に手や足など汗が気になるところに塗り、即効性は低いものの大体1、2週間で「汗が減った!」と感じる人も

保険適用なし
値段は大体1本500円から3000円と病院によって値段が違う(50ml)
塩化アルミニウムは各医院で調合されていて濃度の違いで市販でも売られている。

 

大体50mlで処方されるところが多く、約3ヶ月持つのでかなりこまめに行く必要はないのでこの塩化アルミニウムを塗ってかなり汗が抑えられるようであれば費用、効果共に一番楽な方法かと思います。

ハルカ
ハルカ
寝る前にさっと塗るだけなら保湿ケアする人と変わらない手間だし生活習慣に組み込むのも苦じゃないです!
塩化アルミニウム外用療法が向いている人と向いていない人

向いている人こまめに通院がめんどくさい、手術までしたくない、人にばれたくない

向いていない人病院には行きたくない、すぐに効果を出したい、生活習慣にするのがめんどくさい、もっとこまめに塗りたい、多汗症が極度(治療してみる価値は多いにあり)

ハルカ
ハルカ

病院で調合したりでそれぞれ濃度が違うからか?
病院によってはいまいち効かないものもありました。
私が効果は感じられたのは3000円近くした病院のもの。
でも正直テサランなどの市販品とそこまで効果の違いを感じませんでした。

この塩化アルミニウムを塗ることで「ほぼ治った」という方や「かなりマシになりそこまで生活に支障がないので満足」という人は少なくありません。

でもまだ改善が見られなかったら…

イオントフォレーシスって痛い?電流治療の内容や値段

塩化アルミニウム外用で効果が見られなかったら次にイオントフォレーシスでの治療に進みます。

馴染みのない言葉ですよね。

イオントフォレーシスとは

  1. 手や足など幹部を水を入れた容器につける
  2. そこに電流(微弱)を20分ほど流す
  3. 皮膚の表面にある汗線の穴を小さくすることで汗を抑える
  4. 最初は週に1、2回 その後1、2週間に一度くらいの通院でこれを繰り返す

治療を受けた約8割の人が効果があったと実感しています。

  • 継続により効果を表す治療の為、医師の指示にしたがって通院する必要がある。治療をやめたり途切れ途切れすると正しい効果が得られないことがある。
  • 多汗症の症状が重度の場合は効果に満足出来ないことがある。
手術と違って麻酔もしないんでしょ?電流を流すなんて怖いけど痛くないの?
ハルカ
ハルカ
ちょっとピリピリする感じはありますが痛くはありません。子供も受けられる治療と聞いたのが痛がりでビビリな私が受ける決断出来たきっかけです!

通電中に勝手に自ら手や足を出すとビリビリっとするので動かすときなどは病院の人に言いましょう!(それでも感電死!?なんてレベルでは全くないのでご安心を。びっくりするくらいです。

イオントフォレーシスの値段

保険治療あり(初診は塩化アルミニウム治療を行うところが多くその分は初診料含め実費。効果が得られなかったらそれ以降保険治療)

イオントフォレーシスの治療にかかる値段は病院により異なりますが、大体3割負担で再診料含めて800円前後

最初は週一回ほど通うと3200円
その後継続のための治療は大体月1600円

塩化アルミニウム外用療法が向いている人と向いていない人

 

向いている人医療の力を借りて早く効果を得たい、手術までしたくない、人にばれたくない、痛いのは嫌

向いていない人定期的に病院には行きたくない、すぐに効果を出したい、生活習慣にするのがめんどくさい

ハルカ
ハルカ
私は定期的に病院に行くのがめんどくさく感じてきました。(仕事の都合で予定が変わることもあったし)あと気づいたのが「割と高価」と思っていた市販製品でも3000円代でも3ヶ月もったりするので効果が同等なら変わらないしめんどくささがないな?と思い治療をまた変えることになったんです。

 

手汗・足汗の手術は痛い?値段や内容を知りたい

もはや最終手段のような手術という選択肢

やはり「手術」と聞きメスで切ることなどを想像すると大袈裟だし痛そう、値段も高額だろうと躊躇してしまいますよね。

でも思ったよりはそんなことないかも?

手汗・足汗の手術は胸腔鏡下胸部交感神経切断術(ETS手術)といい内視鏡手術となります。小さなカメラを体に入れて操作する手術ですね。

手汗多汗症内視鏡手術
  1. 約3ミリ皮膚を3箇所ほど切る
  2. カメラと鉗子を背骨の近くにある交感神経の線維を切断

交感神経を切るの!?大丈夫?と心配になる内容なのでメリット・デメリットを見ていきましょう。

手汗手術のメリットとデメリット

手汗多汗症内視鏡手術のメリット

  1. 効果が一番高いので重度な多汗症を治療出来る
  2. 傷はかなり小さく目立たないので人にバレない
  3. 手術時間は短くその後日常生活は出来る
  4. 保険治療が出来る

 

手汗多汗症内視鏡手術のデメリット

  1. 一度にかかる額は一番高額(継続の必要はなし)
  2. 合併症が多くの人にある
  3. 病院によっては1泊2日の入院が必要(日帰りの病院もある)

 

内視鏡手術が向いている人と向いていない人

 

向いている人多汗症が重度で他の何をしても改善が見られない、一度思い切って手術してその後汗で悩みたくない、普段こまめに対策をするのが面倒(クリームを塗ったりなど)

向いていない人多汗症が軽度、手術が怖い、合併症を覚悟出来ない

この手術ばかりは向いていると言ってもお医者さんと相談して決めましょう。

どうも気になる合併症ですが、この内視鏡手術を受けた約9割の患者に合併症が見られると言われているのでかなり確率は高いですね。

どんな合併症を負うことになることになるのでしょうか。
それでもこの手汗や足汗など多汗症で悩むよりマシ!と納得して受けてほとんどの方は結果に満足しています。

手汗内視鏡手術の合併症とは

手汗の内視鏡手術の後はもちろん手汗は格段に減ります。

さらに首周りや顔汗、頭の汗や足の汗も減った!という報告が多い一方で胸、お腹、腰など以前には汗が全く気にならなかった場所が発汗してくる代償性発汗がほぼ9割の術後患者に起きます。

これがどのくらいの汗の量かは個人差がかなり多いので手術前に予想することは不可能だそう。

ただこの代償性発汗という合併症を理解、納得して手術に踏み込む方の意見としてはそれらが衣服などで隠せる部分であること。

確かに、手汗や足汗、顔などは汗が目に見えたり触ったものに跡がついたりベタベタになったりと自分も不快だし他の人に気づかれるのが恥ずかしいというのが悩みの元ですよね。

逆に手術後は手などが乾燥するようになり冬にはひび割れするなど保湿液を必要とするようになる人も多くいます。

手汗内視鏡手術の値段

手汗の内視鏡手術の値段は病院によって変わりますが、手術を検討していくつかの病院の情報からの平均をまとめました。

保険治療が適応されて3割負担で7万円から9万円、1割負担では3万円台の医院もあります。

もちろん10万円近くの手術というのは一気にハードルが上がりますよね。

市販品や通院でこれから払い続けるお金を思えば結局安く済む

という考えもできますしが合併症のこともよく考えなければなりません。

ハルカ
ハルカ
悩みますが滴るまでではないので(場合によってはそこまでいくけど)まだここまでは一歩踏み出していないところです。