全身の汗の気になること

暑くないのに汗が出るのは理由がある!病院と市販の治療・改善方法

暑くないのに汗が出る病院治療と市販で改善
暑くない時期や場所でも汗が出るのどうにかしたい

どんなお悩みに関しての記事です。

この記事はこんな方へ
  1. 暑くもなのに汗がよく出る
  2. 暑くないのに出る汗が恥ずかしい
  3. 暑くなくて出る汗は病気?と心配になる

一見汗といえば暑い時に出るものという認識がありますよね。

夏や暑いサウナに入ったり。スポーツをしたり…
そんな時に汗をかくのは自然だと思うけど自分は暑くもないのに汗をかくの、変じゃない?恥ずかしいしなぜだか気になる!という人は意外と多くいるんです。

暑くないのに汗が出る理由

汗
Image by Tibor Janosi Mozes from Pixabay 

どうして暑くないのに汗が出るのか

汗を出すのは脳から出る信号なのでまだまだ解明されていないことはたくさんあります。
ですがある程度分かっていることや有力とされている説で解説しますね。

疑問への答えは汗の種類にあります。

汗の種類は実は3つあり

  1. 温熱性発汗
  2. 味覚性発汗
  3. 精神性発汗

この中の温熱性発汗が主に人が「汗が出る原因」と考えている「暑いから汗が出る」というもの。

味覚性発汗は辛いものを食べた時に頭皮や顔に汗をかくものです。辛いものを食べて暑くなって汗をかくというよりも刺激物によって口の中の温度が上がったことを脳が勘違いして冷やそう!と汗が出ると言われています。

最後の精神性発汗が暑くなくても汗をかく人が多い原因となっている発汗です。

精神性発汗とは

恐怖、興奮、緊張などという感情で強いストレスを感じた時に脳が刺激されて発汗します。精神性発汗は全身より局部に出る人が圧倒的に多く見られます。

顔や首筋などの汗は代謝が上がった脳を冷やす役割
脇はその場から逃げ出すための筋肉の準備をするため
手の汗や足の裏の汗は猿人だった時の木渡りや登る時の滑り止めの名残という説があります。

こう見てみると現代社会なら野生の肉食獣に襲われることもないし木を渡って移動もしない。だったら脇や手、足の汗なんか要らないじゃないかと思いますが…

人類の進化の過程で必要だったものがまた身についているということが原因のようです。

でもそんな汗をかくほどの緊張なんてしていないと思うけど

そう思う人も少なくないはず。
「緊張すると汗が出てくる」と自覚している人はそんなに多くありません。

自身が感じるストレスが軽くても脳にはもっと過剰に負担になっている可能性があるのです。

例えばピアノの発表会で大きなホール、スポットライトを浴びて何十人、何百人の前で演奏しなきゃいけない時には緊張で大きなストレスがかかるのは容易に想像出来ますよね。

これが今から抜き打ちで小テストするよということになってもちろん準備が出来てなくいい成績を取れる自信がない!とストレスを感じますが想像するに何百人の前に1人で立つほどのストレスではないはず。それでも脳は同等と判断してクールダウンさせる可能性があるということです。

ハルカ
ハルカ
自分の脳なのに自分と違う感じ方をしてるみたいで変な感じですよね。

ただテストの紙や仕事の書類も手汗でぐしゃっとなってしまう、パソコンがベタベタなどの悩みをもつ人も精神性発汗からくる汗なのです。

全身もしくはどこか特定の箇所からその条件下ということを踏まえても必要以上に汗が出る(温熱、精神性関わらず)ということであれば局部多汗症と言えるでしょう。でもビックリしないでくださいね。

多汗を感じているのは今や日本に6人に1人と言われています。
これだけでは特に焦る必要はありません。多汗を自覚していても特に何もしていない人が多いのです。
自身が恥ずかしかったり多汗で日常生活に支障があると思えば改善、治療を考えましょう。

今回の記事は「病気のサインではないこと」を前提に執筆しています。

汗は病気のサインである可能性もありますので何か心当たりがあればまずかかりつけの医師に相談してください。

暑くない時に出る汗はどうやって止める?改善方法

汗を止める方法
Image by Linus Schütz from Pixabay 

暑くない時に出る汗の止め方、改善の方法というとどんな方法があるのでしょうか。
医療の力を借りるという手で言えば汗はまだまだ謎が多い分野で日本皮膚学会がガイドラインを定めています。

大きく分けて手や足、脇、頭や顔の多汗となります。

[jin_icon_pen color=”#e9546b” size=”18px”]上から優先されるアプローチ順に記載しています。改善がない、効果が薄いと判断されると次の治療法を提案されます。

また、精神性が原因のものが多いと言われていることから一つの方法だけよりも心理療法など併用して行う方が効果が得られるとされています。

最終手段である手術以外は基本的には継続的な治療が必要で永久的な治療ではありません。
また、注射では即日効果が感じられますが一定期間で効き目が切れます。

手の多汗や足の多汗への改善アプローチ

塩化ナトリウムを塗る

イオントフォレーシス(微弱の電流を使う)

A型ボツリヌス菌毒素(デトックス)注射

手術(胸腔鏡下胸部交感神経遮断術)(合併症を要理解)

脇の多汗への改善アプローチ

塩化アルミニウムを塗る

ボツリヌス菌毒素注射

手術(胸腔鏡下胸部交感神経遮断術):推奨度低(合併症を要理解)

頭や顔の多汗への改善アプローチ

塩化アルミニウムを塗る

抗コリン薬を内服

ボツリヌス菌毒素注射

手術(胸腔鏡下胸部交感神経遮断術):推奨度低(合併症を要理解)

 

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”]基本的には塩化アルミニウム、イオントフォレーシスとボツリヌス菌毒素注射は皮膚科が専門です。

市販の多汗症向けの製品で抑えるのは可能?

病院に通い出すのに抵抗を感じる人、通い続けることに苦痛を感じる人もいるかもしれません。ささっと市販で買えるもので同じような改善が出来ないの?

そんな気持ちがあるなら評価されているものを試してみるのはいいと個人的には思います。

ハルカ
ハルカ
実際私は市販品をいくつも試し、医療のアプローチも経験しましたが結果使い分けという部分に落ち着いています。

医療従事者として「おいおい病院を進めなくていいの?」と言われるかもしれませんが、多汗症は(病気の可能性がなければ)あとは個人の不快感や恥ずかしさの問題なので本人が気にならなければ「気になるな〜」と言っていても結局何もしないでもいられる人もたくさんいるのです。

加え、病院に行っても手術という選択肢以外は永久的解決にならなかったことが市販品でも合うのがあればそれでいいと考える理由で、それでも全く行かないよりは市販品と併用すると効果がより得られていると感じています。

ハルカ
ハルカ
ネットで頼んでおけば家に届くというのはやっぱり便利!

病院の効果レベルの市販品はどれ?

多汗症の治療は風邪のようにウイルスをやっつける薬を飲めばいいということではないので病院でもらう治療薬でも即効果を得られるというものでもありませんが、やはり信頼感はありますよね。

多汗症の治療でまず踏み出す一歩である塩化アルミニウムですが、病院によって濃度や値段は様々です。それに実は市販でも結構濃度が濃いめなのが買えるんです。

手汗治療を例に病院での塩化アルミニウム処方にかかる値段などの参考はこちらへ

手汗・足汗病院で保険治療
手汗・足汗がひどい悩みに専門の病院は何科?保険治療値段や副作用手汗や足汗に悩む人で市販品では物足りない。医療の力を借りたい。病院で保険治療出来ないのか?そもそも何科に行けばいいの?事前に治療の選択肢やメリット・デメリットと値段、それぞれどんな人に向いているのかを経験者の意見をもとに分かりやすく解説...

このことから言えば、通院を続けるイオントフォレーシスや合併症を覚悟の手術の方法以外では塩化アルミニウムでベースの毛穴を埋め、テサランなどの膜を作るもので徹底すれば市販品での最大の効果が得られるのではないでしょうか。

ただ顔は特にデリケートな皮膚なので濃度の濃い塩化アルミニウムを医師の指導なしで使うのは推奨できません。顔に使う場合は相談したり、かなり薄めた状態からおでこなど目立たないところから使ってみるなどして間違ってもそのままプシュッと顔にいきなりかけないでください。
オドレミストは痒みを感じることがあります。